ボイストレーナーが語り合った!#04 生徒と講師は株式会社

カラオケサークルオフ会大阪梅田

高槻と草津でレッスンされてるボイストレーナーの安田結衣ちゃん。先月独立されたということでカラオケ店でインタビューさせてもらいました。ボイストレーナーとして大切にしていること、悩み、お金のこと、集客のこと、生徒さんとの関係など語り合ってきました。全6回でお届けします。

 

#01 もらって嬉しいお金

#02 アメリカでの人体解剖研修

#03 自分のための歌、レッスンは異文化間交流、種まき

#04 生徒と講師は株式会社

#05 救えなかった生徒さん

#06 ビブラート問題(仮)

 

#04 生徒と講師は株式会社

カラオケサークル大阪

 

(渡辺)

これはただの私の相談なんやけど(笑)、発声を教えるのはボイストレーナー、歌い方を教えるのはボーカルトレーナーっていう風に、分業した方がいいっていう考えがあるやん?

 

質の良さを追求していくと、そうやなと思うんよ。やけどお金も時間もかかることやし、私のレッスンに来られてる方は、歌手になりたいんじゃなくて、カラオケを楽しく歌えるようになりたい方が多いから、発声と歌い方を両方一緒に教えてるんやけど、結衣ちゃんはどうしてる?

 

 

 

(結衣ちゃん)

私も一緒に考えてます。

そうだなー‥‥(熟考)生徒さんのタイプによって変えてるって言ってもいいかな?

 

 

 

(渡辺)

おーーーおもしろい!

 

 

 

(結衣ちゃん)

例えば研究者気質の生徒さんのレッスンでは、私がずーっと喋る方です(笑)。それをメモして、自分が出来るまでとことん声出して録音して、っていう研究者気質の生徒さんには、ボイストレーニングっていう方法で教えます。

 

ただ、歌をやりたい生徒さんも多いので、歌の中での大事なポイントを練習する中でのボイストレーニング、っていう感じですかね。なので、分けるという感じではなく割合を変えてる感じです。

 

 

 

(渡辺)

あーーなるほどなるほど。うんうん。

 

 

 

(結衣ちゃん)

レッスン時間の作り方も、生徒さん主体で決めていきます。この練習が必要だねって先生に言ってもらう方が、モチベーションが上がる人もいますし、自分のやりたいようにやりたいんやーって人もいますし。歌っている時の声と、目標にしている声とのギャップにまだ気付いていない、っていう人には、心ゆくまで歌ってもらって、どうでしたか?と聞くと、課題にちらほら気付いてくれます(笑)

 

こういう風に、生徒さん主体で楽しい状態っていうのをキープして、楽しいって思う方向性に合わせてレッスンするって感じです。

 

 

 

(渡辺)

結衣ちゃんはお母さんみたいやね。役割的に。産み育てるみたいな。

 

 

 

(結衣ちゃん)

よく木をイメージするんです。木がどしんと根を生やして立っていて、そこに生徒さんという鳥が、来たい時にぽって止まってくれて、そこで必要としてる情報や方向性を示してあげて。そして別の場所に飛び立って行って、また止まってくれた時に必要なものを示してあげて、みたいな。私自身は放任というか(笑)

 

カラオケサークルオフ会大阪

(渡辺)

じゃあ運営の話にもなるんやけど、生徒さんが所属する感じではないんやね?

 

 

 

(結衣ちゃん)

そうです。コースも月によって変更が出来るようにしています。出来るだけ、楽しいっていう気持ちがずっと継続できるペースで来てもらいたくて、そして全力でそれに応えたいなと思います。

 

 

 

(渡辺)

教室を続けていくために、このくらいの生徒さんに来て欲しいって考える事はある?というのは、私も私に出来ることで誰かの役に立ちたいなって気持ちがあるんやけど、そういう風に生徒さんを囲うみたいなやり方は私も好きじゃないんよ。

 

でも毎月お申し込みゼロで、誰にも必要とされてないってなるのは悲しすぎるなと思って(笑)まぁそれは、喜んでもらえることを続けていくことだけやと思ってるんやけど、結衣ちゃんはそこら辺をどう考えてる?

 

 

 

(結衣ちゃん)

それは独立してから初めて気付いた事が多いですね。自分が働きかけなければ収入がないっていう状況になったのはこの2ヶ月くらいなので(笑)

ほんとにぱたりとなくなるもんなんだなっていうのは分かったんですけど。なんか‥会社を作ってるのと同じだなと思って。

 

 

 

(渡辺)

おーおーおーおー!

 

 

 

(結衣ちゃん)

個人事業主というよりは、生徒さんに株を買ってもらって運営している、会社みたいなもんなんだろなっていう。

 

 

 

(渡辺)

めっちゃおもしろいやんその考えかた!

 

 

生徒さんに株を買ってもらってる

 

(結衣ちゃん)

株主総会みたいな感じで、生徒さんの要望がずれてないか、どんどんちゃんと聞かなきゃいけないなと思っています。私が思ってる質と生徒さんが求める質がずれてないか。それが聞けていれば、生徒さんとちゃんと話せる信頼関係があれば、何かしらの要望が出てくるので、食っていけるのかなって。

 

 

 

(渡辺)

(衝撃すぎて言葉なく頷くのみ)

 

 

 

(結衣ちゃん)

逆に、ずれに気づかないまま離れていってしまうっていうのが一番のリスクかなって思いますね。

 

 

 

(渡辺)

来てくれてる人と向きあう‥。

 

 

 

(結衣ちゃん)

そうですね。地道に続けていくことしか出来ないなっていうのは思います。ある意味まだ2ヶ月なんで、今出来る事をするっていう事にまだ必死なんですが。

 

 

 

(渡辺)

ちなみに、今出来る事っていうのはどういう?

 

 

(結衣ちゃん)

今生徒さんから、新しいレッスン方法のヒントをいろいろもらってるような感じです。カルテを生徒さんと共有するっていうサービスを始めたんですけど、それも生徒さんと話し合って始めたんです。

 

 

 

(渡辺)

へーーー!

 

カラオケサークルオフ会大阪梅田

 

 (結衣ちゃん)

私は、生徒さんにちゃんとお家で練習してほしいっていうのがあって。

 

 

 

(渡辺)

うんうんうん。

 

 

 

(結衣ちゃん)

でも、レッスン内容や練習方法を忘れてしまったとか、生徒さんには出来ない理由があったんです。それやったら、私が書いてるカルテを共有すれば解決出来るなって思って。

そうやって地道に変えられる事を、すぐにどんどん変えていくと、音声の練習メニューが欲しいとか、動画があったらお家でも出来るからいいなとか、希望を言ってくれるようになったので、それを今やってる感じです。

 

 

 

(渡辺)

えーすごい素敵やん。

 

 

 

(結衣ちゃん)

株を買ってくれてる以上は、こうなって欲しいなっていう要望を伝える権利があるし、生徒さんと先生という関係じゃなくて、商品を買ってくれてる側と受ける側っていうのが、どちらもいい気持ちでいけるようにしたいなとは思ってます。そして生徒さんからお友達などを紹介してもらえるような先生になりたいなと思います。

 

 

 

(渡辺)

あ!私たちと同じように個人で英語教室を開いてる、私が尊敬する方がいて、その方も、口コミが一番美しいって言われてた!

昔、私が大々的にYouTubeをやって失敗した時に言ってもらった言葉なんやけど(笑)

 

 

 

(結衣ちゃん)

紹介したくなる人ってけっこうなレベルだなと思ってて。

 

 

 

(渡辺)

うんうんうん!私も友達や家族に紹介したサイトやお店ってあるけど、相当惚れ込んどるもん!そのサイトやお店の大ファンっていうか!

 

 

 

(結衣ちゃん)

不特定多数の人に知ってもらう機会は大事ですけど、私の実際のレッスンや私の雰囲気など伝えきれない情報もあって。そこもファンになってくれてる人が他の人に勧めてくれのがいいなって。間口を広げすぎると、その間口に応えきれない自分に直面してしまうと思うんです。

 

 

 

(渡辺)

うんうんうん。

 

 

 

(結衣ちゃん)

自分がどっちかっていうと、何でもやってあげたいっていう思う性格なんです。でも何でもかんでも助けたいって思っちゃうと、生徒さんの求める質に応えてあげられないと思う。それだったら、その生徒さんが求めてる質に合ってる別の先生を紹介するっていう貢献をしたくて。

 

 

 

(渡辺)

わかるー!

私は大雑把やから、結衣ちゃんみたいなきめ細やかさがなくて。そのことでどうしても役に立てなかったご利用者さんがおって。

結衣ちゃんみたいに丁寧に向き合ってくれる先生やったら、そのご利用者さんのことは多分救えたんやろうなって思うことがあったんよ。そういうご利用者さんがいたことが、結衣ちゃんインタビューをさせてもらいたいって思ったきっかけでもあって。結衣ちゃんみたいな先生もいるって紹介したくて。

 

 

 

次回に続きます!お楽しみに♪

 

#01 もらって嬉しいお金

#02 アメリカでの人体解剖研修

#03 自分のための歌、レッスンは異文化間交流、種まき

#04 生徒と講師は株式会社

##05 救えなかった生徒さん

#06 ビブラート問題(仮)