歌声の出し方①

カラオケレッスンヒトカラ

「成長おめでとう表」を使った測定会を行なっている中で分かりにくいなと思うところがあったので、早速改定しました!まず今回は「声のこと」の最初の項目、「□地声と裏声」についてお話ししますね。

 

カラオケレッスンヒトカラ

声区(ざっくり言うと声の種類)って、地声を作る筋肉群(内甲状被裂筋など)と裏声を作る筋肉(輪状甲状筋)、この2つの筋肉群で作られています。話している時や歌っている時は、この2つの筋肉が同時に動いているんです。「いやいや、会話している時は地声で話してるよ!」と思うかもしれませんが、(多くの場合は)実は裏声の筋肉も動いてるんですね。面白いですよね。

 

で、高音が出ない、声量がない、音程が取れないなど、歌声の悩みは、だいたいこの2つの筋肉がバランス良く動けてないことが原因です。どちらかの筋肉が弱かったり、強かったり、同時に動ける力がなかったりします。ちょっとイメージしにくい例えかもしれませんが、左足より右足の筋力がなくてバランスが悪く思いきり走れない、右足と左足がスムーズに動かずこけそうになる、という感じです。

 

ということでその2つの筋肉群を鍛えていくために、例えば右足と左足をそれぞれ自由に動かせるようにするために、地声と裏声をバラバラに出せるようにしていくんです。それがどの程度出来ているかを、「□地声と裏声」の項目でチェックします。

 

「裏声と地声くらい使い分けられるよ!」と思うかもしれません。でもものすごく低い音を裏声で出せますか?自分が練習している曲を出だしから全て裏声で歌えるでしょうか?低域で地声と裏声が使い分けられない方は多いんです。

 

ということで声を出せるようにするための手順1つ目は、「声を作っている2つの筋肉をきっちり分けて使えるようにする」ということになります。ではまた「成長おめでとう表」の解説をしていきますね!それではみなさん、楽しいカラオケライフを♪