【カラオケ上達のコツ】腹式呼吸がわるーい影響を与えること!

歌ボーカル大阪梅田レッスン

えー、そうなんです。歌には必要だと思われている『腹式呼吸』ですが、ポップスではわるーい影響を与えることがあるんです。

 

「おなかから声をだして!」「のどをひらいて!」などと言われるときは、「腹式呼吸で声を出さないと!」と思ってしまいますよね。この言葉のカラクリはあとでご説明しますね。

 

まず、『腹式呼吸』の特徴ってなにか?と言うと‥‥、いろいろな筋肉をつかい、たくさんの息を使うことができる、という点です。

 

(以前の「腹式呼吸のウソホント?!」のコーナーでも、ざっくりとお伝えしていました。)

 

良いことはたくさんあるんですよ!腹筋を中心としていろいろな筋肉をつかい、より多くの息を出し入れすることで、体の巡りが良くなり、副交感神経が優位になることで、体も心もリラックスします。

 

ということは、筋肉のつよーい力で、たくさんの息を、「ふぅぅぅー!」と出すこともできるのです。

 

これがポップスを歌う場合には、大敵となるのです。

 

声を作る(特に高音)ために必要な息の量は、ほんのすこしです。

 

しかし、『腹式呼吸』が出来れば出来るほど、「お腹でしっかり支えて、強い力で思い切り息を出そう!」としてしまう方が多いんです。

 

腹筋の強い力も、たくさんの息も必要ではないので上手くいかず(追記:歌うための発声バランスが上手くいかない、そのバランスを崩しやすい)、ますます力んで、大声を張り上げるようになってしまい、ますます声がでない‥‥となってしまいます。

 

私も歌を初めて習ったときに、まず腹式呼吸の習得からスタートしました。

 

なので、高い音を出すときは、お腹の強い力で支えて、大きな声を出すもんだと思っていました。そりゃ、何年たっても出ないわけです‥‥。

 

声を作っているのは、のどの中の筋肉です。そこを無理なくなめらかに動かして、高い音を出したり、抜けのいい、張りのある声を出します。

 

「おなかから声をだして!」「のどをひらいて!」などと言う人は、無理して声を作っていることを感じ、その不自由さを伝えたいんです。でもその改善方法が「おなかから声を出す」ことや「のどをひらく」ことだと思っているのか、そんなイメージをされているのか分かりませんが、そういう言葉になるのだと思います。

 

そう言われたら、「腹式呼吸をがんばる!」のではなく、きちんとのどの中の筋肉が動くようにしていくといいのです。そしてそれを腹式呼吸がサポートする、という流れがいいんじゃないかなと考えています。

 

ということで、たのしい連休最終日を!

 

5/18(土)の「カラオケ店で歌うまレッスンしようの会」もまだお待ちしておりますよ!と宣伝させていただきました。へへ。)

 

それではまた次回、お会いしましょう♪

 

 

コメント: 2 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    松本和也 (月曜日, 06 5月 2013 21:04)

    まるで僕のことを言われているようです・・・ヘッドボイス楽にでるようになるまであともう少しです。

  • #2

    miyukivoice (火曜日, 07 5月 2013 12:04)

    松本さん♪

    コメントありがとうございました!どうしてもこういう風にしてしまいますよね〜これはもう、たっくさんの方がしています。私も油断をするとこのわるいくせが出てしまいます(笑)お互い、がんばりましょうね!松本さんの声、楽しみにしています♪